倒産・清算・解散

 事業が継続できなくなった倒産状態の企業を、法律に従って処理する手続きを破産といいます。

 破産手続は裁判所に破産申立を行い、裁判所が選任した破産管財人が、裁判所の監督のもと、会社財産の売却回収を行って債権者に支払い、会社や事業を清算する倒産手続です。

 事業の再開の予定のない場合は、会社の持っている法人格(会社の存在)が消滅してしまいますが、会社の解散・清算という方法もあります。
0002.jpgのサムネール画像

 ただ債務超過の場合は解散・清算手続ができず、破産手続をすることになります。破産とひとくちにいっても、原因や事業・債務の状況などはさまざまです。それぞれに応じた対応法が必要になってくるので、早めに専門家である弁護士に相談するようにしましょう。


企業再生の目次はこちら

1.民事再生            2.倒産・清算・解散       3.企業破産・事業破産
4.事業譲渡 5.事業承継 6.弁護士に相談するメリット
     

 

弁護士法人ラグーン TEL 083-234-1436 

お気軽にご連絡ください。弁護士が親身になって対応させていただきます。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■相談実績

 


下関の弁護士 弁護士法人ラグーン
〒750-0006 山口県下関市南部町2-7 
TEL 083-234-1436 / FAX 083-234-1493 
受付時間 平日:9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日:10:00~16:00

Copyright © 2013 LAGOON LEGAL CORPORATION  All Right Reserved.