弁護士に相談するメリット(債権回収)

(1)交渉が有利になる

 弁護士が代理人となって、債務者に内容証明郵便を送付するだけで、債務者が弁済に応じるケースも数多くあります。

 弁護士が代理人につくことで、請求に応じない場合はより強力な法的手段が講じられてしまう、心理的プレッシャーが債務者に働くためです。取引先が倒産する場合、債権回収は時間との勝負になります。

 交渉段階で、できる限り早く回収しなければ、他の債権者に債務者の財産を持っていかれてしまうことも十分にあり得ますので、弁護士に委任して迅速に交渉を進めましょう。 
     

(2)適切な法的手続がとれる

 全債権回収のためには様々な方法が考えられます。全てのケースにおいて通用するベストの方法などはなく、ケースごとに手段を模索することになります。
 
 例えば、内容証明を相手方に送るだけでも、そのことが原因となって今後の取引が途絶えてしまうかもしれません。他方で、弁護士の名前つきの通知書を送付するだけで、支払いが行われ、取引がスムーズに行くこともありえます。
弁護士に相談したのならば、どの方法がもっとも適切なのかという判断が可能となり、適切な法的手続を採ることが可能になります。 

(3)訴訟を提起し、強制執行ができる

 内容証明を送る、民事調停を申し立てる、支払督促を申し立てる、といった方法が奏功しない場合は、最終的には訴訟を提起することになります。しかし、訴訟は高度の専門性が必要となります。

 当方に有利な証拠を収集し、整理した上で当方の主張を説得的に行うための書面を作成する、といったことは大変な手間がかかる作業であり、専門家に依頼した方が合理的です。

 また、訴訟で勝訴した後は、強制執行手続をしなければならず、これもまた煩雑です。弁護士に依頼することで、訴訟・強制執行を適切に遂行し、債権回収を図ることができます。 これにより事件の早期解決ができるのです。

(4)弁護士と、司法書士・行政書士の違い

 内容証明郵便の作成等、債権回収を司法書士や行政書士に依頼する方法もありますが、司法書士や行政書士は、元々民事・商事のみならず刑事法まで含めたトータルな法的サポートを行うことを予定した資格ではないため、法的知識の正確性・豊富さの点で疑問がない訳ではありません。

 また、内容証明郵便を送付した後の相手方との交渉については、簡易裁判所における代理権を有しない司法書士及び全ての行政書士は、弁護士法72条に抵触するため、原則として行うことができません。なぜならば、法律事務は弁護士の独占業務だからです。

 このため、せっかく送ったはずの内容証明郵便も、いわば「送りっぱなし」になってしまう恐れがあります。弁護士に依頼をされる場合、最後まで具体的交渉をすることが可能となります。


債権回収の目次はこちら

1.債権回収の8つの方法    2.弁護士に相談するメリット    3.売掛金の回収
4.賃料の回収

     

 

弁護士法人ラグーン TEL 083-234-1436 

お気軽にご連絡ください。弁護士が親身になって対応させていただきます。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■相談実績

 


下関の弁護士 弁護士法人ラグーン
〒750-0006 山口県下関市南部町2-7 
TEL 083-234-1436 / FAX 083-234-1493 
受付時間 平日:9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日:10:00~16:00

Copyright © 2013 LAGOON LEGAL CORPORATION  All Right Reserved.