11月19日「 同一労働同一賃金最高裁判例速報解説 」をテーマにセミナーを開催致しました!


日時:令和2年11月19日(木)14:30~16:30

会場:海峡メッセ 

講師:内 田 悠 太 、 西 村 菜 摘

テーマ: 「労働組合との団体交渉を通して学ぶ労使交渉の実務」、「 同一労働同一賃金最高裁判例速報解説セミナー 」 
                

セミナー内容 

1 労働組合とは?

2 交渉に当たって、必須となる法律知識

3 最高裁判例速報解説

  大阪医科薬科大学事件

  メトロコマース事件

  日本郵便事件

    
  【 担当弁護士からセミナー後のコメント 】

 今回は、①労働組合との団体交渉の実務と②同一労働同一賃金の原則に関する最新最高裁判決の解説を行いました。

 コロナ禍による賃金の減少や社会全体の閉塞感からなのか、労働者から会社への請求事件が増加しているように思います。今後、労働組合との団体交渉なども増加してくるであろうことを考えると、平時にこそ十分に予防策を講じておいた方がよいでしょう。

 また、同一労働同一賃金の原則について、最高裁判所は手当について会社に厳しい判断を下しました。同判決の結果を踏まえて、手当の整理・改変が必須となる企業も少なくないかと思います。

 紛争と無縁な会社を1社でも増やすべく、今後も広く情報発信を行っていきます。

 

                       


 

 

 

  • 下関の弁護士による無料相談会

    1月23日(土)10:00~17:00

  • 下関の弁護士による無料メールマガジン
  • 下関の弁護士 弁護士法人ラグーン採用情報
無料法律相談会

1月23日(土)10:00~17:00

  • 無料メールマガジン
  • 採用情報