リベンジポルノ被害防止法違反事件における被害者と早急に示談し、不起訴処分を獲得した事案

被疑事実

私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律(リベンジポルノ被害防止法)違反

 

結果

被害者との示談が成立し、不起訴処分となった。

 

弁護士の目

本件のような性犯罪は、親告罪(刑事告訴がないと公訴を提起できない罪)であるケースがほとんどなので、早期に被害者との間で示談することが重要となります。

 

  • 無料相談会
  • 無料メールマガジン
  • 採用情報
6月8日(土)10:00~17:00
無料法律相談会 6月8日(土)10:00~17:00
  • 無料メールマガジン
  • 採用情報