退職金問題

退職金制度は一旦導入してしまうと、就業規則や退職金規程等で規定した要件を満たす従業員が退職した場合には、退職金を支払わなくてはならない義務が発生します。

退職金は賃金と同様に労働者の重要な債権として法律で守られていますので、資金が不足していることを理由に「退職金を支払えない」では済まない問題であり、退職者との話し合いにより解決できれば問題ありませんが、訴訟にまで発展してしまうケースは多々あることです。

また、従業員が退職金を受け取る権利というものは退職したことにより発生しますので、トラブルが発生するのは従業員が退職した後となります。
よって退職者が現れてから退職金制度に問題が発生していたことに気付くこともよくあることです。

  • 無料相談会
  • 無料メールマガジン
  • 採用情報
6月8日(土)10:00~17:00
無料法律相談会 6月8日(土)10:00~17:00
  • 無料メールマガジン
  • 採用情報